スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
夢は一時の華
忘れない内にメモ。


夢におろちと呂布が出て来たよ!(終わってる)


以下、えろいので追記にて。(爆)

妄想の力の真髄を見た気がしました。


いきなりお二人が閨でいちゃらぶしてるシーンから始まって、夢の中で一気に覚醒しました(笑)

暫くいちゃらぶが続いたのち、何を思ったか呂布、

跪いておろちの足を舐めだしたのです

!!
あの呂布がー!と思う前に、あ、(仮でも)服従の証なんだと思った私は負け組。

最初は稚拙で少し乱暴だった行為も、おろちに優しく促され段々和らいでいく。

良く出来たと褒められても、フンッと息をつく程度の返事しかしない呂布に愛を感じていたら、
何と

おろち自身にも

ご奉仕するつもりらしく、自ら進んでおろちの一物を取り出す呂布。

躊躇もせず口に含むが収まりきらず、両手も使用してのご奉仕タイム。
閨中に響き渡る淫音、くぐもった声、鼻をつく淫臭。
大人のえろすが今、始まる…




と、いった所で眼が覚めた訳ですよ(爆)

本番は自らの煩悩を妄想によって刺激し、それを絵や文という形に表わした時、こっそりと私に見せてやって下さい。
もれなく一生着いて行きます。(IRANEEEE)
03/26 08:10 | ひとりごと | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://across73.blog72.fc2.com/tb.php/71-785ebaf8
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 ムツ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。