スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
塞がらぬ傷口を、
ただのひとりごと!



この世に本当に悪い人なんてのはいないんだと思ってる。

ただ価値観が違うんだよね。

人はそれぞれ『自分の中の正義』を持ってるからさ。
“自分の中での正義”だから、他人に押し付ける事なんて出来ないんだよ。
相手だって『自分の中の正義』を持ってるからね。

それをどれだけ理解して、極限まで受容出来れば全て上手くいくんだな。

“許す”というのは中々難しいね。



彼奴が嫌いだなんだと言ってる暇がありゃあ、まず自分を変える事だね。
相手にどんだけ『自分の中の正論』を説いたって、相手は変わりゃしないのよ。

受け止める努力をする事。
とても難しいけれど、きっと得るものがあると思うよ。





きっと“正義の矛盾”こそが今日までの歴史を創りあげてきたんだね。
人間の一番美しい、また一番醜い記録なんだ。





誰よりも人間の醜悪なところと真っ直ぐ向き合って生きてたのが、きっと呂布で、

ものに目が眩んで“親”と呼ぶ人を斬り、
どんなに無様でも命を請うて、

最終的に誰からの指図も受けず“自分だけ”を信じて時代を生き抜いた人、



そんな、誰よりも人間らしく生きた呂布が、私は本当に好きだ。



蔑まれても、
罵られても、
這いつくばってでも生きる。

しにたくない



もー

すげー









好き過ぎる!!!!!!!!!!!!!!!


要は最後ら辺が言いたかっただけ!
10/24 21:04 | ひとりごと | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://across73.blog72.fc2.com/tb.php/436-fd4afeaf
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 ムツ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。